頭痛外来に行く時のポイント

定期的に頭痛に襲われて動くのも辛く寝込んでしまう人や光や音に敏感になってしまう人、吐き気やめまいが同時に表れる人など、一口に頭痛と言っても症状は様々です。倒れてしまうような激しい頭痛でなければ、薬を飲んだり、横になったりして良くなるのをひたすら待つという人が多い頭痛ですが、時には命にかかわる怖い病気が潜んでいることがありますし、頻繁に訪れる頭痛があると、生活の質を維持することができないので、頭痛外来を受診してみることがおすすめです。頭痛外来に行くと、命にかかわる病気と関係がある頭痛かどうかを診断してくれるので、治療に前向きに取り組んだり、安心したりすることができます。また、頭痛の症状によって原因を診断し、治療をすることができたり、生活習慣などを改善することができたりするので、頭痛外来で専門医の診察を受けることがおすすめです。

頭痛外来に行くときには、頭痛がしていない時のことも多いので、細かく症状を思い出して話すことができないこともあります。頭痛外来を受診しようと思った時には、頭痛の頻度や頭痛がしやすい状況や時間帯、持続時間、頭のどこの部分がどのように痛いのかなどをメモにして持っていくと良いでしょう。薬を飲んでいるかどうかや他の病気があるかどうかなども伝えた方が良いことです。持病や継続して飲んでいる薬があるときには、きちんと答えられるようにしていきましょう。

自分の症状についてきちんと伝えることで、正確な診断ができることもあるので、一度整理してから行くことがポイントです。AEDのレンタルのことならこちら