新しい医薬品を作るために必須の工程の1つが治験

病院での医師による処方箋のほかにも、ドラッグストアなどにも多数の医薬品が存在をしています。たった1つのお薬が世の中に流通をするまでには、いくつもの工程がありますが、その中で欠かすことができないのが治験です。その前段階となる、モルモットなどを利用しての非臨床試験は、同じように感じますが治験ではありません。健康のために取り入れる人も増えた特定保健用食品ですが、この場合はモニター試験のカテゴリーであり、理由は医薬品ではなく該当をするのは食品だからです。

様々な病気がありそれを治癒することのできる成分を見つけ出すことから、世の中の医薬品開発は始まります。何かしらの疾患の進行が進まないように、それを阻害できること、またつらい痛みを軽くするなどの成分です。開発はいろいろな角度からされるので、人間の遺伝子研究であったり、木や草や虫などの研修などで研究をされることもあります。成分開発のステップで候補の成分を発見したら、次の段階で行うのは開発です。

動物をこの時点で使うのは、人間と遺伝子ができるだけ近いい生き物だからであり、重い副作用が出ないかを調べます。動物実験を経てやっと治験の申請を行う段階になりますので、厚生労働省の事前審査が必要です。GCPの基準をクリアしていること、無事に審査を認められてから、協力者を募集して治験が行われます。風邪をひいたら風邪薬を、胃痛の時には胃のお薬を飲みますが、普段何気なくお世話になる医薬品は、治験という工程があってこそです。

AEDのレンタルのことならこちら