治験は危険?医師から勧められたらどうするか

治験と言うと怖いイメージがある人もいますが、今目にする薬は必ず臨床試験が行われています。新しい薬が厚生労働省に承認されるためには、人や動物で何度も試験を行い、効果や安全性を確認したうえでの申請が必要になります。現在病気で医師から勧められた場合、期待以上に不安も多いと思います。ただ、治験を行うまでに研究や検査がいくつも行われて、はじめてネズミやウサギなどの動物で確かめます。

そして、安全性や効果が調査された後にはじめて人で調査する治験に進みますが、ここでもいきなり大勢から始めるわけではありません。現在その薬が必要な患者や健康な治験モニターなどの希望者の少人数から始め、薬の働きを調査します。そのうえで、次は患者が使用して副作用や効果、使い方や量を判断していきます。そして最後に人数を増やして、多くの患者が使用することで効果や安全性がより明確にわかるのです。

治験がなければ、薬の安全性や効果はもちろん1日の飲む量や危険量などがわかりません。販売されれば多くの人が必要とするものだからこそ、最初に徹底して調べなくてはいけないし、実際に患者でないと効果もわかりにくいです。今の治療では効果が見込めなかったり、その薬が適しているであろうと判断されれば勧められることがあります。参加前にはデメリットや補償面などの万が一の説明もあります。

医師が良い情報しか言わないのであれば、お勧めはできません。また、自由参加で不安なら中断もできるので、参加するかどうか家族でしっかり話し合いましょう。