辛くない胃カメラ検査を受けられる墨田区の消化器内科

東京都墨田区京島にあるファミリークリニックひきふねは、お腹の診察を得意とする消化器内科です。京成曳舟駅から徒歩3分のロケーションで、ひきふね図書館の下にあるのでわかりやすいです。午前中のみの受付になりますが、土日にも診察を行っているので、平日に仕事をしている人でも通いやすいように配慮されています。最新式のエコー機械を使用して検査をする為、血圧を測るのと同じような感覚でお腹の様子を気軽に調べることが可能です。

また、健康診断の予約をインターネットで受け付けているので、健康状態が気になる場合は簡単に予約ができます。従来の胃カメラは、口からカメラを入れる為、呑み込む時に苦痛を感じたり、嘔吐してしまったりと、苦しいイメージの強いものでした。しかし、こちらの消化器内科では、鼻から内視鏡を通す経鼻内視鏡を使用しているので、苦痛を味わうことなく検査を受けられます。細径内視鏡による経鼻内視鏡検査では、検査中も会話が可能になるので、質問をしたい時など自由に医師と会話できます。

ただし、鼻腔が狭い人の場合は、鼻からの挿入ができなかったり、鼻からの出血を伴うことがあるので、注意が必要です。また、胃カメラや大腸カメラが苦手な人でも、鎮静剤を打ってもらい、眠った状態で内視鏡検査を受けることもできます。東京都墨田区のファミリークリニックひきふねは、辛くない胃カメラで内視鏡検査の受けやすい「お腹のスペシャリスト」と言える消化器内科です。墨田区の頼れる内科として、今後ますます注目を集めることになりそうです。