墨田区の消化器内科で治療できる病気

墨田区にある消化器内科では、口から肛門までの約9mにもなる消化器を専門に扱う科です。消化器には、食道、胃、小腸、大腸などがありますが、それらに連なっているだ液腺や肝臓、すい臓、胆のうなどの領域の病気を扱います。体調が悪いと思って内科を受診する患者さんの半数近くが、消化器に問題があると言われるくらいに、消化器の病気は多く、その意味でも墨田区の消化器内科には多くのニーズがあります。たとえば、癌を考えてみましょう。

日本人の癌の実に6割近くが消化器のがんです。手術になると外科の領域になりますが、早期に発見することができれば、消化器内科において内科的な治療で治せることも少なくありません。墨田区の消化器内科では内視鏡を完備し、癌の早期発見が可能です。胃カメラで胃の中を検査するときは、鼻と口のどちらかかららカメラを挿入しますが、一般的には鼻から挿入したほうが苦しくありません。

どちらにするか迷っている方は鼻からをおすすめします。また、大腸がんの早期発見には、大腸内視鏡検査が有効です。消化器内科を受診する患者さんの中には、症状がない方も入れば、腹痛や吐血、また下血、だるさ、食欲不振など、様々な症状を訴える方も少なくありません。また、消化器に問題があるかどうかわからない場合は、普通の内科を受診しても問題ありません。

一度一般の内科を受診したあとに、さらに専門的な治療や検査を必要だと判断された場合に、消化器専門の内科で診てもらうことになります。