墨田区の消化器内科の現状

墨田区には数多くの消化器内科が開業しており、人々の健康を守っています。最近では、診療科が細分化しており、同じ「内科」でも、消化器をはじめ、呼吸器、神経、腎臓、循環器、心臓、口腔などに分類できます。さらに、手術が必要となれば、「外科」の分野になっていきますから、患者の立場としてはその診療科を選べば良いのかわかりにくくなっています。これは医学の進化により、1人の医師が全ての内容を網羅することが困難となっており、さらには専門の治療器具も増えてきたことから、より専門的に病気を治療するために細分化されたものです。

その中でも消化器内科は、内科の中でも非常に場広い分野を扱っている診療科になります。消化器内科で扱っているのは、食道、胃、小腸、大腸といった食物の通過する臓器全般になります。したがって、これらにつながるだ液腺、肝臓、すい臓、胆のうなども診療範囲となります。特に最近ではストレスからくる胃潰瘍や十二指腸潰瘍、膵炎、潰瘍性大腸炎なども多く発症していることから、墨田区においても非常に多くの患者が診療を受けています。

この他にも、肝炎や肝硬変、がんの中でも発症が多いとされる胃がんや大腸がんも消化器内科の診療となります。墨田区においても多くの人々が、自分は健康だと思い込んでおり、日頃、自分の体調について向き合うことが多くはありません。しかしながら、身体からサインが出ていなくとも病気は進行している可能性はありますから、健康診断を受検するなどして、定期的に自分の身体が健康であるか否かをチェックすることが大切です。特に消化器内科の分野は症状が出にくい病気が多いことから注意が必要です。