墨田区で消化器内科の医療機関が集まる地域の傾向

東京都の東部、隅田川と荒川に挟まれた墨田区にはJR東日本の総武本線、京成電鉄の押上線、東武鉄道の東武スカイツリーラインと亀戸線、都営地下鉄の浅草線と新宿線、大江戸線、東京メトロの半蔵門線が乗り入れており、東京都内各所はもちろんのこと千葉方面へのアクセスにも優れていることから住宅地としての人気が高い地域となっています。そのため、多くの人が暮らしている墨田区内には多くの医療機関があり、消化器内科の医療機関も数多くあります。そして、それらのほとんどが墨田区内を走る鉄道路線の駅の周辺に集まっています。区内には各鉄道路線を合わせて10以上もの駅が存在します。

その中でも多くの消化器内科の医療機関が集まっているのが、地下鉄半蔵門線とJR総武線が乗り入れている墨田区の代表的な駅である錦糸町駅の周辺地区です。錦糸町駅を中心にして、駅の北側を東西に走る蔵前橋通から南側を東西に走る京葉道路までの狭い地域内に10以上もの消化器内科の医療機関があります。あと、錦糸町駅と同じく総武本線の駅である両国駅の周辺や、区の北部地域を走る東武スカイツリーラインの東向島駅の周辺、地下鉄新宿線の菊川駅の周辺にも消化器内科の医療機関が多いです。また、東武亀戸線に沿うように区内を走っている明治通りに代表されるように、墨田区内を走る交通量の多い大通り沿いで鉄道駅の周辺の地域に消化器内科の医療機関が数多く集まっている傾向が強くなっています。