わきがの原因とわきが治療

わきがは、腋から発せられる臭いのことです。腋は人間の身体の中でも比較的長い時間、皮膚と皮膚が接触している部位であり、もともと蒸れやすく臭いが発生し易い場所ですが、このうち酷い臭いが起こっている場合にはわきがと呼ばれます。わきがの原因は、肌が密着していることと同時に脇毛が生えていることと、毛に含まれる常在細菌が汗などを分解することで臭いを発するものです。程度の差はあれこそわきがは誰でもするものですが、酷い場合には臭いが周囲にまで達するようになります。

このため、わきがは治療の対象となっており、病名も腋臭症と呼ばれます。わきが治療の方法としては、対処療法と外科処置があります。基本的に外科処置はリスクが伴うため、よほどの状態でなければ行われません。わきが治療の対処療法としては、ともかく腋を清潔にし、常在細菌の繁殖を防ぐことです。

このため常在細菌の住処となる脇毛を脱毛してしまう方法も有効とされます。またアルコールなどで定期的に拭くことで臭いの発生を抑えることができます。制汗剤などで汗を抑えることも有効ですが、いずれの場合も定期的に行う必要があり、根本的な治療にはなっていません。わきが治療の根本的な治療としては原因となっている汗腺の一種であるアポクリン腺を剪除してしまうことです。

これにより汗の分泌が減り臭いの発生を抑えることができます。この治療では手術の方法によっては健康保険の適用となっています。